真実を知るということ。

昨日までステキな3連休を満喫した方も多いのではないでしょうか?

クリスマスイルミネーションを見に行ったり、お食事したり・・・☆自由に身動きのとれない私は家族仲良くおうちでクリスマスでした・・・><

先日、しばらくご無沙汰にしていた祖父に会ってきました。
90歳を超えても毎日、新聞を隅から隅まで読んでいて時事の話題にもどんどんついてこれる
物知りな祖父です。
そんな祖父は、青春時代に戦争を体験したのですが、ここ最近体験談をよく語るようになったそうでご多分に漏れず、私もうってつけの話し相手になりました。

鉄砲玉がないのに射撃練習をし、上官は決して鉄砲玉がないことを知らせなかったことや、
とんでもない奇襲攻撃を上官が思いついたように指示し、練習してみたものの、とてもモノにならなかったことや
終戦宣告を受けた直後、虐げられてきた部下が上官を撃ち殺し、日本へは戦死したと報告された方が何人もいらっしゃったことや・・・・

今だからこそ笑えてしまうような事まで事細かく覚えているのでした。

戦争責任の問題にしろ、薬害の問題にしろ、『真実を知る』ということの重要性を痛感しました。

例え、当時、正常な状態で意思決定や判断をできない状態であったにしても、
当時の常識が今の非常識であったにしてもその当時の『真実』が何だったのかをきちんと知らずに、
当時を知らない者ばかりが想像を膨らませても、机上の空論に終わるだけでしょう。

『真実を語る』ことでたくさんの犠牲を産む場合もあるでしょうが、人の寿命と=で真実を語るには、期限があります。
どうか、真実を今に残して行っていただきたいものです。

年始に入ると新卒採用は本格化しますね!学生も企業も互いの『真実を語る』時です。


新卒採用のパンフレット、動画、ホームページ、合同説明会ブース装飾のご相談はこちら
新卒採用アウトソーシングに関するご案内はこちら

-お問い合わせはこちら-------------------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
参考:弊社転職サイト
--------------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック