新卒採用・中途採用


新卒採用に踏み切れずにいる
A社のことを前々回お話しましたが、
そうは言ってもなかなか踏み切れないのが
本音のところ。

ではでは、採用は必ず必要なのに、何故中途採用で固めているのか?
⇒成果を出すのが早い。
⇒特に研修の必要がない。
⇒採用してすぐに入社してもらえる可能性が高い。
⇒年齢のバランス
などなど。

では、デメリットは?
⇒コスト高。
⇒前職をライバル悪い意味で引きずる。
⇒社風に馴染まない。
⇒期待通りの成果があがらない。
などなど

その点、新卒は真っ白なだけに「その企業の色」に染めやすい。
そもそも現存社員以上にできるなんて思ってもないから、
期待はずれということも少ない。

新卒採用がいいのか中途採用がいいのか、
一概には言えないところですが、
「バランス」は大事ですね。

とは言いつつも、市況はそんなにゆったりとして
いません。

中途も、新卒も、完全売り手市場です。
しかも、ライバルは一般企業のみではないようです↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
警視庁、リクルーター出動・団塊退職に備え人材確保に汗
 首都・東京の治安を担う警視庁が、人材確保にあの手この手を繰り出している。
団塊世代の大量退職期を控え優秀な人材の確保が至上命題だが、
景気回復で民間企業が雇用を増やし、採用は難しくなる一方。
若手警察官が母校を訪問、後輩学生を勧誘する「リクルーター制度」を
スタートさせたほか、プロスポーツ選手の若いOBらへの勧誘なども始める。

 警視庁の予測では、退職者は団塊世代の大量退職が始まる2007年度から急増。
以降6年間、毎年2000人を超える。一方で、受験者集めは
景気回復とともに難しくなっている。バブル崩壊後で景気低迷期の1995年度には
23.8倍にも上った合格倍率は05年度は6.7倍と3分の1以下に落ち込んだ。
(日経 17:00)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-------------------------------------------------
キャリアマート/山田

新卒採用アウトソーシング&採用コンサルティング
転職求人情報 キャリアマート
人材紹介サービス
-------------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック